避難安全検証法を活用した真に安全・安心な建築設計

避難安全検証法は従来の設計法と同等の安全性を確保しつつ様々なメリットを得られる方法です。NBCはそれらのメリットに加え、より安全・安心な設計を実現します。

避難安全検証法(性能設計)と従来の設計法(仕様設計)の安全性について

避難安全検証法は、建物の安全性を確保しつつ従来の設計法と比較して建築コスト削減や設計の自由度向上など、様々なメリットを得られる方法です。避難安全検証法を採り入れるとより安全になりそうなイメージがありますが、決してそうではありません。あくまで従来の設計法と同等であると考えるべきでしょう。

ただし、避難安全検証法の方がより安全性が高いと考えられるところもあります。

開放されることのない排煙窓は必要ない

従来の設計法では一定規模以上の建物には火災時に煙を屋外に排出するための設備として、天井から80cm以内の部分に床面積の1/50以上の排煙窓、または機械排煙設備を設けることになっています。これらの設備のほとんどは自動開放ではなく、火災時に避難者が手動で開放しなくてはなりません。
ところが、この排煙窓の存在は建築や消防関係者以外の人はほとんど知らないのではないでしょうか。さらに開放スイッチには「火災時にこの釦をおしてください。むやみに操作すると法律により罰せられる場合があります」なとど書かれていたりします。これでは怖がって誰もがこのスイッチを押すことをためらいます。開放されることで安全になるはずの設備を誰も知らず、また誰も開放しないのでは煙に巻かれる危険性が高いということになります。
これに対して避難安全検証法では、無排煙にすることを目標に設計を行えば排煙窓等は不要です。意味の無い排煙窓等に頼らず、煙に巻かれない設計を施すことで建物の安全性は高いものになると考えられます。

煙伝播経路を遮断する

従来の設計法では、煙の伝播を遮断するのは面積区画や竪穴区画です。防煙垂壁は排煙効率を上げたり煙の伝播を遅らせることは可能ですが、遮断することはできません。
これに対し避難安全検証法では、在室者が煙にまかれないために避難経路への煙の伝播を遮断したり避難経路の蓄煙体積を大きく取ります。避難安全性能を満たすよう設計を進めると、自動的に煙の伝播を遮断し避難経路を守ることになるのです。

階段は2ヶ所で安全な避難は可能か

建築基準法では一定規模を超える建物では最低限2ヶ所の階段を設置する事になっています。1ヶ所が火災により使えなくなっても、もう1ヶ所から避難することで安全性を確保できるようにということでしょう。しかし本当に2ヶ所の階段で安全に避難できるのでしょうか。
建物用途が違えば建物の利用者数も大きく違ってきます。用途に応じ、階段までの歩行距離や階段幅には制限があるとしても、階段設置数の制限が最低限2ヶ所で変わらないのはどうでしょうか。また1つのフロア内の各部屋で利用者数に大きく偏りがあるような場合、避難者が片方の階段に集中するとスムーズに避難できなくなる危険性もあるでしょう。

以前は建築防災計画評定という制度があり、こういった安全性を欠く設計でないか、専門家による評価を受けることが法律で義務付けられていましたが、現在は一部の自治体を除き実施されていないのが現状です。
避難安全検証法では、実際にこういった問題が生じやすい建物なのかどうかを計算し検証した上で計画を進めます。避難安全検証作業は、実際の安全性を確かめることに他ならないのです。

避難安全検証法の盲点

無駄をなくしてコストを抑え、安全・安心な建物作りに効果的であるはずの避難安全検証法。しかし、避難安全検証法を採用したからといってその安全性は万能ではありません。使い方によっては建物の安全性を損ねてしまうようなことにもなります。

避難安全検証法の基本理念は「煙に曝される事なく避難が完了する」ことです。その検証の方法は告示1441号に示されていますが、いろいろと問題点が指摘されています。

そのひとつに、避難途上での煙降下と避難時間についてのチェックを行わなくてもよいということがあります。この盲点を悪用し、実際には煙に曝される可能性が高いにもかかわらず、計算上で避難安全性能を満たせば良いとしてしまう設計者や防災コンサル会社が少なくありません。

違法ではなくとも、建築士としてあるまじき行為ではないでしょうか。建築士は、建築主の生活の豊かさへの願望を受け止め、建築主の意識が及ばない技術領域での安全性を確保し、国民の財産と生命と健康を守るために働く立場でなくてはならないはずです。

避難安全検証法のメリットを活かしつつ、真に安全・安心な建物の実現を!
直接お電話にてご相談ください。
Tel:078-332-4107

ページ上部へ