日本の建築はなぜ高いか

日本の建築は世界的に見て先進国の中では非常に高いと言われています。どうして高くなるのでしょう。大きく以下のような理由が考えられます。

建築が高くなる大きな理由

  • 建築の性能とは全く関係ない小さな納まりまでこだわり美しく仕上なければならないという国民性
  • 実施設計中、施工中の度重なる変更による無駄の多さ
  • 競争による受注を行うため、競争各社の見積費用が工事費にONされている
  • 積み上げ方式の基準法による規制が過剰な防災設備を要求
  • 国土交通省、総務省と別々の機関が建物の規制を行っている上に、さらに地方自治体が独自の条例で規制を行うため、各行政機関と何度も調整が必要。

ページ上部へ