EVACUATION PLANNING
仕様規定について
建築防災設計トップに戻る
項  目
法規関連
廊下階段の仕様
 
建築基準法施行令 第119条
 
(廊下の幅)
   廊下の幅は、それぞれ次の表に掲げる数値以上としなければならない。
 
廊下の用途
廊下の幅
両側に居室がある廊下における場合 その他の廊下における場合
小学校、中学校、高等学校又は中等教育学校における児童用又は生徒用のもの
2.3m
1.8m
病院における患者用のもの、共同住宅の住戸若しくは住室の床面積の合計が100m2をこえる階における共用のもの又は3室以下の専用のものを除き居室の床面積の合計が200m2(地階にあっては、100m2)をこえる階におけるもの
1.6m
1.2m
 
建築基準法施行令 第120条
 
(直通階段の設置)
   建築物の避難階以外の階(地下街におけるものを除く。次条第1項において同じ。)においては、避難階又は地上に通ずる直通階段(傾斜路を含む。以下同じ。)を居室の各部分からその一に至る歩行距離が次の表の数値以下となるように設けなければならない。
 
居室の種類
構造
主要構造部が準耐火構造であるか又は不燃材料で作られている場合 左欄に掲げる場合以外の場合
(1) 第116条の2第1項第1号に該当する窓その他の開口部を有しない居室又は法別表第1(い)欄(四)項に掲げる用途に供する特殊建築物の主たる用途に供する居室
30m
30m
(2) 法別表第1(い)欄(二)項に掲げる用途に供する特殊建築物の主たる用途に供する居室
50m
30m
(3) (1)又は(2)に掲げる居室以外の居室
50m
40m
    
2  主要構造部が準耐火構造であるか又は不燃材料で造られている建築物の居室で、当該居室及びこれから地上に通ずる主たる廊下、階段その他の通路の壁(床面からの高さが1.2m以下の部分を除く。)及び天井(天井のない場合においては、屋根)の室内に面する部分(回り縁、窓台その他これらに類する部分を除く。)の仕上げを準不燃材料でしたものについては、前項の表の数値に10を加えた数値を同項の表の数値とする。ただし、15階以上の階の居室については、この限りでない。
    
3  15階以上の階の居室については、前項本文の規定に該当するものを除き、第1項の表の数値から10を減じた数値を同項の表の数値とする。
    
4  第1項の規定は、主要構造部を準耐火構造とした共同住宅の住戸でその階数が2又は3であり、かつ、出入口が1の階のみにあるものの当該出入口のある階以外の階については、その居室の各部分から避難階又は地上に通ずる直通階段の1に至る歩行距離が40m以下である場合においては、適用しない。
 
  建築基準法施行令 第123条 抜粋
 
(避難階段及び特別避難階段の構造)
   屋内に設ける避難階段は、次に定める構造としなければならない。
   階段室は、第四号の開口部、第五号の窓又は第六号の出入口の部分を除き、耐火構造の壁で囲むこと。
   階段に通ずる出入口には、法第2条第九号の二ロに規定する防火設備で第112条第14項第二号に規定する構造であるものを設けること。この場合において、直接手で開くことができ、かつ、自動的に閉鎖する戸又は戸の部分は、避難の方向に開くことができるものとすること。
   
2  屋外に設ける避難階段は、次に定める構造としなければならない。
   屋内から階段に通ずる出入口には、前項第六号の防火設備を設けること。
   
3  特別避難階段は、次に定める構造としなければならない。
   屋内と階段室とは、バルコニー又は外気に向かって開くことができる窓若しくは排煙設備(国土交通大臣が定めた構造方法を用いるものに限る。)を有する付室を通じて連絡すること。
   階段室、バルコニー及び付室は、第五号の開口部、第七号の窓又は第九号の出入口の部分(第129条の13の3第3項に規定する非常用エレベーターの乗降ロビーの用に供するバルコニー又は付室にあっては、当該エレベーターの昇降路の出入口の部分を含む。)を除き、耐火構造の壁で囲むこと。
   屋内からバルコニー又は付室に通ずる出入口には第1項第六号の特定防火設備を、バルコニー又は付室から階段室に通ずる出入口には同号の防火設備を設けること。
      ※階避難安全性能を有するものについての適用除外は、屋内からバルコニー又は付室に通ずる出入口に係る部分に限る
  十一  建築物の15階以上の階又は地下3階以下の階に通ずる特別避難階段の15階以上の各階又は地下3階以下の各階における階段室及びこれと屋内とを連絡するバルコニー又は付室の床面積(バルコニーで床面積がないものにあっては、床部分の面積)の合計は、当該階に設ける各居室の床面積に、法別表第1(い)欄(1)項又は(4)項に掲げる用途に供する居室にあっては8/100、その他の居室にあっては3/100を乗じたものの合計以上とすること。
 
建築基準法施行令 第124条 抜粋
 
(物品販売業を営む店舗における避難階段等の幅)
1  物品販売業を営む店舗の用途に供する建築物における避難階段、特別避難階段及びこれらに通ずる出入口の幅は、次の各号に定めるところによらなければならない。
  各階における避難階段及びっ特別避難階段の幅の合計は、その直上階以上の階(地階にあっては、当該階以下の階)のうち床面積が最大の階における床面積100m2につき60cmの割合で計算した数値以下とすること。
  各階における避難階段及び特別避難階段に通ずる出入口の幅の合計は、各階ごとにその階の床面積100m2につき、地上階にあっては27cm、地階にあっては36cmの割合で計算した数値以上とすること。


ページに関するご意見、ご感想及び建築関連のご用命は
こちらで受け付けております。
nbc@nbcom.co.jp



ページの先頭へもどる

建築防災設計トップ | 性能規定について | 性能設計コンサルティング
性能設計FAQ | 検証実績 | 仕様規定について


ナインベアーズコミュニケーション/ホームに戻る